HOME > FAQ

FAQ

<自治体防災のご担当者様からよくお問い合わせを頂くご質問>

  1. 情報の到達性について
  2. Q1a.
    280MHz(ポケベル波)の特徴を教えてください
    Q1b.
    280MHzの送信局を新設するとしたら1つの送信局で自治体の全域がカバーされるでしょうか
    Q1c.
    280MHz防災ラジオ(戸別受信機)が屋外にアンテナを設置しなくても受信するのは何故ですか
  3. 災害・障害の耐性について
  4. Q2a.
    自治体から住民への情報は、東京テレメッセージの中央配信局経由で配信されるということですが、中央配信局の耐災害性はどうでしょうか
    Q2b.
    情報発信拠点となる庁舎が被災して庁舎を放棄しなければならなくなった場合でも、自治体からの情報配信機能は失われないでしょうか
    Q2c.
    情報発信拠点と中央配信局との間の通信が破断することはないでしょうか
    Q2d.
    固定電話や携帯電話のように災害時に輻輳によって通信ができなくなるということはないでしょうか
    Q2e.
    停電への対策はどのようなものでしょうか
  5. 屋外での情報伝達について
  6. Q3a.
    280MHzデジタル同報無線システムを使った屋外拡声器はありますか
    Q3b.
    280MHzデジタル同報無線システムの屋外拡声装置と防災行政無線で使う屋外拡声子局の違いは何でしょうか
    Q3c.
    280MHzデジタル同報無線システムの屋外スピーカーからの放送が聞き取り易くなる理由は何でしょうか
  7. その他
  8. Q4a.
    280MHzデジタル同報無線システムの導入費は財政措置の対象になるでしょうか
  1. 情報の到達性について
  2. Q1a.
    280MHz(ポケベル波)の特徴を教えてください。
    A.
    より遠く(到達性)、より強く(受信性)、建物内部へ(浸透性)という電波特性があります。このためポケベルは、少ない基地局で建物内での受信が可能だったわけです。
    到達性は主に出力に関連します。受信性は出力と伝送速度に関連します。浸透性は周波数(波長)に関連します。例えば、60MHzデジタル防災行政無線と比較した場合以下の通りとなります。
    要素特性280MHz無線呼出し
    (デジタル)
    60MHz防災行政無線
    (デジタル)
    出力
    (W)
    大きいほど電波が遠くへ届く(電界強度)250W以下10W以下
    伝送速度
    (bps)
    値が小さいほど受信端末が再生できる(受信感度)1,200bps24,000bps
    周波数
    (波長:m)
    1m程度の波長が建物内部に入り込みやすい波長1.07メートル波長4.997メートル
    仮に、280MHzを出力100Wで送信したとしても、280MHzの電波は、60MHz電波に比べて(100W÷1200bps)/(10W÷24000bps)=200倍強いという計算になります。
    Q1b.
    280MHzの送信局を新設するとしたら1つの送信局で自治体の全域がカバーされるでしょうか。
    A.
    地形が平坦であれば、庁舎屋上にアンテナを設置することで全域をカバーできると思いますが、山岳地で深い谷が幾筋にも走っているという地形の場合は、1送信局でカバーできるような場所を探します。そのような場所を見つけるため、机上で電波シミュレーションを行います。弊社にコンタクトいただければ無料で電波シミュレートいたしますのでご連絡ください。
    Q1c.
    280MHz防災ラジオ(戸別受信機)が屋外にアンテナを設置しなくても受信するのは何故ですか。
    A.
    Q1aで述べた280MHz(ポケベル波)の特徴があるからです。
    電波の強さは電界強度(dBμV/m)という単位で表しますが、戸別受信機の性能(受信感度)はより小さな電界強度でもしっかりと電波を受信してデータ情報を再生できるかで決まります。
    一般にコミュニティFM用の防災ラジオが受信電波を再生するためには最低でも30dBμV/mくらいの電界強度を必要とします。これに対して280MHz防災ラジオは電界強度が10dBμV/mでも受信し再生します。単純に計算すると受信感度に100倍以上の差があるということになります。280MHz防災ラジオが外部アンテナ工事やCATVのケーブルなどに繋ぐ必要がない理由です。
  3. 災害・障害の耐性について
  4. Q2a.
    自治体から住民への情報は、東京テレメッセージの中央配信局経由で配信されるということですが、中央配信局の耐災害性はどうでしょうか。
    A.
    弊社の中央配信局は横浜緑区にあるスカパーJSAT衛星管制センター内にあります。地盤が固く地震の影響のより小さい場所に衛星管制センターは立地しています。周囲は緑地帯であり、延焼の心配はまずありません。3.11以降、燃料の備蓄能力を増強しておりますので施設全体が燃料供給なしで2週間の停電に耐えられます。J-ALERTにも同社の衛星回線が使われており、セキュリティーは厳重です。
    Q2b.
    情報発信拠点となる庁舎が被災して庁舎を放棄しなければならなくなった場合でも、自治体からの情報配信機能は失われないでしょうか。
    A.
    情報発信拠点となる配信PCは庁舎内に置きますが、副発信拠点としていくつかの場所に配信PCを置くことにより、庁舎が被災しても情報を発信しつづけられます。それぞれの配信PCが庁舎を経由しないで、独立して弊社の中央配信局に連結されるからです。
    Q2c.
    情報発信拠点と中央配信局との間の通信が破断することはないでしょうか。
    A.
    地上回線と衛星回線の2重の回線によって、情報発信拠点と中央配信局、中央配信局と送信局との間が繋がれておりますので、巨大地震などにより地上回線が寸断されたときにも通信が途絶えないようにしてあります。
    Q2d.
    固定電話や携帯電話のように災害時に輻輳によって通信ができなくなるということはないでしょうか。
    A.
    輻輳により情報が配信できなくなるということはありません。
    Q2e.
    停電への対策はどのようなものでしょうか。
    A.
    大災害時には長期停電が起こり得ると考えています。このため、情報配信拠点、中央配信局、送信局が自動発電機で停電に耐えられるようにシステムを組んでおります。また、戸別受信機は乾電池やバッテリーでの駆動が可能なようにしてあります。
  5. 屋外での情報伝達について
  6. Q3a.
    280MHzデジタル同報無線システムを使った屋外拡声器はありますか。
    A.
    280MHzデジタル同報無線システムを使った屋外拡声装置は7年前に開発済みです。防災行政無線で一般的なレフレックスホーンやストレートホーンを使ったものです。
    Q3b.
    280MHzデジタル同報無線システムの屋外拡声装置と防災行政無線で使う屋外拡声子局の違いは何でしょうか。
    A.
    280MHz電波は受信しやすいので、アンテナは12cmくらいのヘリカルアンテナで十分です。大きな八木アンテナを使う必要がないので、強風でアンテナがずれたりするリスクがありません。
    屋外拡声器からの放送が聞き取り易くなります。
    F各費が安く済みます。
    Q3c.
    280MHzデジタル同報無線システムの屋外スピーカーからの放送が聞き取り易くなる理由は何でしょうか。
    A.
    屋外スピーカーの音が聞き取り難い理由はいくつかあります。大きな要因に、音の品質が悪いということがあります。
    デジタル音源の品質を表すのにサンプリング周波数という言い方をしますが、この数値が高いほど高音質だといわれます。デジタルで最高品質は、CDの44.1KHzです。16KHz以上であればかなり聞き取りやすい音ということができます。
    しかし、せっかく高品質の音源を流そうとしても、デジタル電波で送信される過程で圧縮処理をするため、どうしても劣化してしまいます。これが、屋外スピーカー放送が聞き取り難いという理由の一つです。
    これに対して、280MHzデジタル同報無線システムでは音の劣化ということが生じません。送信局側(指令卓など)で音を作って電波で送るのではなく、テキスト文字を受信した受信装置(戸別受信機や屋外拡声装置)で音声合成して音を作るからです。よって、44.1KHzの最高音質で屋外放送することも可能になるわけです。この違いは、大型高性能スピーカーを使う場合には顕著な違いとなって表れます。
    ただ音声の高周波域は直進性が強く、ビル影などでは聞き取り難くなりますから、都市部では街角ごとに簡易スピーカーを置くなどの工夫が必要となります。このため、弊社は安価な小型屋外スピーカー装置の開発に着手しております。
  7. その他
  8. Q4a.
    280MHzデジタル同報無線システムの導入費は財政措置の対象になるでしょうか。
    A.
    実際に導入された自治体さまから、緊急防災・減災事業債の対象になるとお聞きしておりますが、詳細については関係省庁にお問い合わせください。
<弊社に関する質問>

Q1.
東京テレメッセージ株式会社は、主に何をしている会社ですか?
A.
電気通信事業者として、280MHzページャ事業を行っております。サービス内容については事業概要ページをご覧ください。
Q2.
どのようなサービスを展開しているのですか?
A.
280MHzデジタル同報無線システムD-FAXページャ(マジックメール)など、280MHzページャシステムの利点を活かしたサービスを提供しています。
Q3.
サービスを利用するには、どうしたら良いですか?
A.
お問い合わせページより、各種サービスの申し込み窓口までお問い合わせください。